台湾新幹線で台南へ

台湾旅行記パート2 台湾新幹線で台南へ

台北桃園空港にある一之軒のエッグタルト

そんなこんなで羽田を飛び立ち、3時間ほどで台北桃園空港到着。まずは一階フードコートにある台湾銀行で両替、ここでの両替の手数料は一回に付き30元なので4人分まとめてするとお得!なので一気に8万円ほど両替、う~んお金持ち気分。銀行窓口の反対側、フォードコートにある一之軒でエッグタルトを購入してからMRTの駅へ向かう。看板見ていけばすぐ行けるのでわかりやすい。

MRTの台北桃園空港第二ターミナル駅で悠々カード購入

MRTの台北桃園空港第二ターミナル駅についた。今回は早速悠々カードを購入しようと決めていた。自動販売機のところでやさしいそうなおじいさんが日本語で説明してくれたので簡単に購入できた。

価格は300元(200元分のチャージと100元のデポジット)スイカやパスモのようにピッとかざせば改札通られるうえ20%安くなるおまけつき100元デポジットかかってもすぐ元がとれる。しかも台南、高雄でも使えるようになっていた。コンビニでチャージもできる、もちろん通常の支払いもピッで完了。

MRT桃園空港第二ターミナル駅から高鐵桃園駅まで移動約15分、この駅で高鐵(台湾新幹線)へ乗り換える。

初めての台湾新幹線

kkdayで事前購入したバウチャーで発券
kkdayというサイトで事前に高鐵台北桃園駅から高鐵台南駅まで20%オフで購入できるのでここで事前購入しておいた、便の予約は当日でOKなので到着してすぐ移動など飛行機到着のおそれがあるような計画だと安心。詳しくは、kkdayで台湾新幹線乗車券購入時の注意点 を見てね。

あらかじめプリントアウトそしておいたバウチャーを窓口で列車と指定席の希望を伝え、パスポートと一緒に見せる。すぐに発券されるかと思いきや、これがなかなか時間がかかる1人分の手続き終えるのに2,3分、同じことを4人分繰り返すので軽く10分はかかった。当日自由席なら自動販売機ですぐ購入できるのだが・・・割引できるので仕方ない。

台湾新幹線は日本の新幹線そのもの、車両前方の電光案内も同じ静かで快適、なのでちょっとおもしろみに欠けるが台南まで1時間ちょっとでついてしまうのはやっぱりありがたい。20年前に台北から高雄まで在来線で一晩かけて行ったことを思うと、月日が経ったのだと実感。

高鐵弁当の素食弁当(ヴェジタリアン弁当 右)と香鶏腿排(骨付焼鶏弁当 左)を車内販売で購入!(猪肉排骨弁当は売り切れていた残念!)このために高鐵に乗ったようなもんだし早速いただきまーす。

そして、桃園空港で買っておいた、お楽しみのエッグタルト!かなり大きいうえにプリン状の濃厚カスタード、お値段なんと28元(100円)!うまい!

食べ終わった頃にはそろそろ台南駅に到着~

記★店主