台南から高雄へ

台湾旅行記パート4 台南から高雄へ

台南市内を1日歩きまわったあと、次は高雄へ移動だ。
今度は在来線の台南駅から高雄駅までの乗車、戦前、日本が建てた駅舎、白くて威厳のあるつくり

ちょっとタイミング悪く45分ほど駅で待つ、待ってる間に駅舎内をうろうろアーチ型のエントランスや窓が美しい。

急行のような位置づけの莒光号で高雄まで、自由席なら悠々カードだけで乗車できるうえ20%オフ!高雄までおよそ50分

車窓から見える景色がどんどん南国になってきた、椰子の木、バナナの畑が広がる。

高雄に着いたらぼちぼち夕暮れ、宿泊はシャトードシンホテル、以前一度泊まったことがあるので問題なく到着。広くて快適な部屋、しかもウォシュレット付き

さあ、牛肉麺(ニュウローメン)食べに行こう!徒歩7,8分のところにある港園牛肉麺。

お待ちかねの猪脚麺(てびち麺)と牛肉麺と一緒に西瓜汁(スイカジュース)を注文、飲物は勝手に冷蔵庫から取るスタイル。
ここの牛肉麺、濃厚な味わいなのにスープはあっさり台湾の麺としてはかなりボリュームがあるのでみんな満腹!

そろそろ、ホテルのビール飲み放題タイム!なぜかこのホテル夜20時~22時の間、ラウンジにてビールが飲み放題、ちょっとしたつまみもあるありがたいサービス。結局瓶がボーリングのピンのようにテーブルに・・・4人だとあっという間にこうなる。

22時も過ぎラウンジ追い出されたので、ちょっと小腹が減ったので歩いてすぐのところにある鹽埕(チェンポー)鴨肉意麵へ行こうということに、翌日は定休日だったので行って大正解!

鴨肉意麺(平麺を揚げた麺にゆで鴨肉をまぜまぜして食べる)がうまい、もちろん鴨肉汁麺もうまい。4人いるのでいろいろ頼める!飲んだあとの〆の鴨肉は最高だ!

しかも、お店の兄貴がスマホの写真をだして、この前も来てくれたよねーと話しかけてくれた。もう2年近くも前に2回行っただけなのに覚えてくれていたなんてありがとーねー。

なんか飲み足りないというPタローさん、ホテルに戻って米酒と地ビールをプシュ!高雄の夜はふけていく。

記★店主