安くて便利、高雄のレンタル自転車

台湾旅行記パート5
安くて便利、高雄のレンタル自転車で乾物問屋街、三鳳中街へ

高雄市内にはMRT(地下鉄)が2本走っている。しかも20元~60元程度の料金なので市内を動くにはすごく便利。しかも高雄国際空港まで開通しているので、市内~空港まで10分そこそこで行けてしまう。羽田空港でさえ1時間半近くかかってしまう藤沢市民からしてみればうらやましいことこの上ない。そのMRTの駅ごとにあるレンタル自転車、今回の滞在では一度使ってみようと思っていたのでトライ!

安いし、便利だよとは聞いていたんだけど、ほんとに安い。30分までは無料、その後60分まで5元、90分まで10元、その後30分ごとに20元、長く借り続けると割高。いろんな人が使うから、乗ったらサッサと返してねという意図か、なるほど。みんなですったもんだしながら、借りてみる。ipassあっても住所登録とか電話番号登録できないのでクレジットカード利用した。
1、クレジットカードを機械に挿入
2、借りたい自転車の番号入力
3、自転車を引っ張り出す

あらま、簡単、はしゃぐおじさん、おばさん達。何年ぶりかでチャリをこぐ輩もいたりして・・・

玉井のマンゴーを求めて、あらかじめ下調べをいておいた乾物問屋街 三鳳中街へコギコギ、久しぶりのチャリンコ、結構おしりが痛い。
ちょっと迷ったけどなんとか到着、商店街の中は漢方の香りが漂う、そこをバイクがビーンと走っていく、アジアだ。

探していた玉井マンゴーと漢方を無事ゲット

玉井のドライマンゴーとは

玉井は台南の地名で、そこは美味しいマンゴーが採れることで有名。世に多く出回っているドライマンゴーの原材料をよくみていると砂糖や甘味料を添加されているものがほとんど。日持ちさせたり、発色のために添加するんだろうけど、玉井マンゴーはマンゴーを干しただけ!原材料:マンゴーのみ!!あまーいマンゴーの他は何もいらない。いままで食べてきたドライマンゴーはなんだったんだ?というくらいの違いに衝撃を受けた。1斤600gが500元(1800円)!日本で売ってるフィリピン産のより安い!さすが産地!

漢方カレーを作る材料

前に花蓮を訪れた時にも購入した漢方スープ用の薬膳、ここでも買うことが出来る。だしの要の干し椎茸も台湾産、女性ならご存知であろう美肌効果があるハト麦や白きくらげなんかも山のように積まれている。料理用薬膳が何種類もあって迷うほどだ。台湾料理にはこういった薬膳がふんだんに使われているから、食事するたびに元気になるのかもしれない。島結で人気の漢方カレーやに使う薬膳食材も無事ゲット、いろいろな乾物が台北の迪化街よりもお得に買えるので自転車をこいで来たかいがあるというもの。

返すときは逆に自転車をガチャっと差込めば返却完了、他に何もしなくてよいので楽チン、今回返すタイミング大失敗で91分で30元かかってしまっ90分までなら10元で済んだのにぃ。駅前だけじゃなくてスーパー前とかほかにもあらゆるところに存在する。レンタルステーションと貸し出し状況は高雄市の提供してくれるオンタイム状況サイトがあるので便利。

さてさて、買い物いっぱいしたので一旦ホテルへ戻って、荷物置いてから阿梅排骨飯でお昼、いろんなおかずが店先に並んで好きなのを選べる自助餐。

ここの排骨がたまらん、とろける脂に甘辛のたれ。これでも80元程度。あー、日本にも持って帰りたい。

 

記★店主