米軍施設内にある「シーサイドレストランテ嘉手納」、支払いはUSドルで!

嘉手納にある、ちょっと特殊なレストラン「シーサイドレストランテ」

法律上ここはアメリカ、そう米軍施設の中にある。USAirforceの厚生施設として使われていて、レストラン他、ビーチやハーバーも管理されている。なんだけど、軍関係者だけでなく、普通の日本人も入れるし食事もできる。おもしろいのは支払いは他の米軍基地内のお店と同じようにUSドルのみで日本円は使えない。クレジットカードが使えるのでキャッシュでドル札もってなくても大丈夫。海外旅行であまったドル札を使うことも出来るので我々はいつも沖縄旅行にドル札を持っていく。お店で働く方々は日本語が通じるのでご安心ください。

こちらがエントランス

中に入るとアウトサイドかインサイドか聞かれる。天気のいい日は外の席は気持ちいい、もう15時を過ぎていて、日差しがまぶしいので中の席に案内してもらう。

バーガーとかピザとか頼んでみたいメニューもあるのだが、やっぱりステーキが食べたいのでサラダ&ステーキをオーダー。食事にはアイスティーがついてくる、しかもおかわり自由。シュガー有り無しが選べる。3人だったのでピッチャーでドンと置いてくれた。

シーフードサラダ、11ドル

海老とホタテ、ムール貝がたっぷり入ったサラダ3人でシェアするのに十分なボリューム

サーロインステーキ、13ドル

1ポンド(450g)以上ありそうなサイズのステーキ、すごい厚みだ!食べ応え抜群!これにグリルポテト&野菜そしてブレッドがついてくる。

リブアイステーキ、18ドル

お皿からはみ出すんじゃないかと思うほどでかい!あっしのビーサンよりもでかい!厚みはサーロインより少ないけど、若干脂が多く柔らかい。

この値段でこのボリュームはビックリ!基地内だし、ここで提供されるアメリカ産の食べ物には輸入関税がかかっていないからなのかなぁと勝手に想像。ビールも注文するならバドワイザーの方が断然安くてお得!(オリオンの半額以下)
デザートも食べてみたいけどいつもお腹いっぱいになってしまいたどり着けない・・・

お店の外には、こじんまりとしたビーチがあり、夏には自由に泳げる。

他の沖縄管理のビーチでは、ハブくらげよけ網があってそれより外に出てはいけないので引き潮のときなど腰くらいの浅さになってしまいとても泳ぐ気になれない。ビーチで日焼けならいいけど。

しかし、ここはいい意味でも悪い意味でもアメリカ管理なので、ほぼほったらかしどこで泳いでも構わない、そのかわりなんかあっても自己責任。自分にはそのほうが合っている。

支払いのときはチップを忘れずに!

ちなみに支払いの時にはおよそ10~15%をチップとして支払う、カードで払う際も明細もってきてもらったときにチップはいくらかを記入する欄があるのでチップの金額と合計額を記入すればいい。あとはサインをすれば支払い完了!おもしろいことに日本の税制が適用されないので消費税はかからない、そのぶんチップが発生すると思えばいい。

迷彩服をきたアメリカーが、20人くらいで会議ランチ?をしていたりするのを見ると、ここはどこ?という感じになる。帰る前に、是非トイレにも入ってみて~、個室の足元の隙間がすごい!座ると足が届かない!

沖縄の現状を実感できるちょっと特殊なレストラン「シーサイドレストランテ」嘉手納、綺麗な海を眺めながらアメリカンステーキを食べれば、旅行気分が盛り上がる。

シーサイドレストランテ嘉手納

沖縄県中頭郡嘉手納町 沖縄県米軍施設嘉手納飛行場 嘉手納マリーナ内

記★店主