高雄LRTライトレール乗車

台湾旅行記パート7 高雄LRTライトレール乗車

最終日の朝、ホテル近くにある「田記」で連日の朝食。
野菜包(鶏肉とキャベツ包)、朝は蒸したてが食べられる。

ヒラヤーチーみたいなのもおいしそうなので頼んでみた。

そして鹹豆漿(豆乳)!そのまますすってもおいしいのだけれど、テーブルの上に置いてある酢をポタポタッとかけてかき混ぜると~、固まってきた~まるで沖縄のゆし豆腐!

この田記、朝食時間帯と夕食時間帯に営業していて昼休みが長い、台湾のお店って結構営業時間を搾っているところが多いのは、一族で経営しているところが多いためか。働く人にやさしくしようとすると長時間の営業は適さない。

朝から満腹になったところで、ホテルに戻ってチェックアウト、荷物はレセプションに預けてLRTへGO! 開通している区間は凱旋駅(MRT凱旋駅接続)と哈瑪星駅(MRT西子湾駅接続)の間。凱旋駅からホテル最寄の駁二大義駅まで乗車した。

MRT凱旋駅を地下から地上にでるとLRT凱旋駅が道路の真ん中に見える。

ホームにある自動販売機でチケットを購入すると30元、コインしか使えないので要注意。ipassカード利用だと10元(ipassカードを車内のピッとするところに近づけるだけ)ですむ3倍の差だ。悠々カードは残念ながら使えなかった。左が悠々カード、右がipass。

高雄のLRTはそんなにスピードを出すわけではないので線路と道路のあいだにフェンスなどないところがほとんだ、線路面にが芝生が植えられているの見ていて気持ちいい。

路線は延伸して高雄市内を環状に走る予定だそう。

15時を回りそろそろ高雄左営駅へむかう時間。
左営駅にてまたまたチケットカウンターに並ぶことに、帰りは行きと違って30人ほどの行列・・・今回は余裕があったけど出発ギリギリだとストレスの溜まる行列。16時15分の新幹線を席を無事予約。ちょっと時間あったので台鐵弁当の排骨飯を購入。

やっぱりおいしい排骨飯

20:45の台北発のフライトに乗るのに、16時まで高雄に居ても間に合う、時代が変わったことにビックリ。
3泊だとまあまあゆっくりできるかなと思っていたけど、やっぱりあっという間、次回は一週間くらいの予定で来ようと決意。小琉球にも行きたいし、墾丁で波乗りもしたいしね~。

記★店主