小田原にある老舗の日本料理店「だるま」

もう20年以上も前になるけれどサラリーマン時代暮らしていた小田原、城下町ならではの街並み、昔からのお店がまだまだ残ってくれている大好きな街。そんな小田原にある老舗の日本料理店「だるま」

店の看板には、だるまの文字、読めない・・・

店構えからしてすごい、お店の建物が登録有形文化財

店内は食堂の部分とお座敷にわかれていて、お昼だと食堂部分に通される。中は意外に広い、残念ながら夜食べに行ったことがないので、お座敷の様子はわからないけどいくつもお部屋があるようす。
一度だるまで宴会してみたいなあ~。

お気に入りはえび天丼とちらし寿司、まあ他にも美味しそうな定食や刺身があるんだけど正直なところなかなか手が出ない。

ちらし寿司

しっかり酢の利いた酢飯がさっぱりとして、新鮮な刺身、干椎茸の甘辛煮、なると巻き、でんぶが入ったなつかしい感じのちらし寿司

えび天丼

でっかいえびが3本入った、えび天丼!
どんぶりからはみだすえびの尻尾


出汁の効いたすましのお椀が上品


冬季のみの限定だけど、茶碗蒸しもトロンとしてやさしいお味。
冬はちらし寿司だけだとお腹が冷えるので熱々の茶碗蒸しであったまる。

特別なサービスはないけれど、ちょっと贅沢するときに伺うお店「だるま」重要文化財の建物も楽しめるので小田原方面に行って和食食べたくなったら寄ってみてね~。

だるま

神奈川県小田原市本町2丁目1?30

記★店主