「ういろう」って小田原の外郎(ういろう)家が本家だって知ってた?

小田原の外郎(ういろう)

全国的にはあまり知られていないけど、小田原にはとってもおいしい「ういろう」屋さんがある。しかも、実は小田原のういろうが本家らしい。購入するとついてくるリーフレットにういろうの歴史がいろいろ書かれているので興味深い。詳しく知りたい人はぜひ、ういろう買って読んでみて!


「ういろう」にみる小田原: 早雲公とともに城下町をつくった老舗

あれ、小田原城!?

まるで小田原城のような店構え、1号線走っているとなんだあれは?思ったことのある人も多いはず。実はこの建物がういろう本店!
ちなみに本物の小田原城はちょっと離れているので1号線からはチラッとしか見えない。

ういろうの他にも和菓子がいろいろあるんだけど午前中に売切れてしまうことも多い。

喫茶のわらび餅がもっちもち

ういろうさんの店舗の中に喫茶も併設されていて、甘味を楽しめる。
出来立ての「わらび餅」!

まだあったかいわらび餅が氷の上に乗っかった状態で提供される。
きなこ&黒蜜でいただくのだが、外側は冷えていても中はまだあたたかい。もっちり感は、普段食べられるわらび餅とはまったくの別物。他にも季節のデザートなどもあり、和菓子店ならではのスィーツを味わえる。

この外郎家のういろう、ここの店舗以外では販売していないところが信用できる。だから生菓子は売り切れてしまっていることも多い。
なんでも量産、拡販したもの勝ちみたいな世の中、こういうまじめなお店って珍しい。

全国的には名古屋にういろうの名を持っていかれてしまったが、著作権も商標も無い時代だから仕方ないか・・・

ところで、抹茶、黒糖などいくつか種類があるんだけど、私が一番気に入っているのはプレーンのういろう!真っ白でもちっ!としていて味はシンプルなので飽きない。

箱根や西湘へ行ったときに1号線で小田原市街を通ることがあったらお土産にひとつ小田原のういろう!
期待を裏切らないおいしさ、名古屋のういろうとの違いを楽しんでみるのもいいかも!?

ういろう本店

神奈川県小田原市本町1丁目13−17

記★店主