那覇国際通りすぐ「土香る」、雰囲気のよい完全禁煙の沖縄料理店

JALシティの反対側、国際通りから細い道を少し入ったところにある沖縄料理店「土香る」、なんと完全禁煙の沖縄料理店!

沖縄でも完全禁煙の居酒屋を探すとなるとほんと大変、分煙してますっていう店であっても、喫煙できる部屋で煤煙装置をつけ、ちゃんと密閉した仕切りのある店など皆無。そもそもこのご時勢、分煙を選んでいる時点で金のためならなんでもするっていう経営者の方針が透けて見えるので煙はもちろん、料理についても疑わしくなる。なので完全禁煙とハッキリ告知している店を探すことになる。
洋物のレストランならようやく少しづつ増えてきた完全禁煙店も、居酒屋となると見つからない。そんな中いろいろ探して運よく見つけることができたので一度行ってみることにした。

大きなメニューボードと看板が出ているのですぐに見つけられた。

三線型の箸置き、かわいい

早速いろいろ注文!

お通しのミミガーの煮凝り

ドラゴンフルーツのてんぷら

非常に珍しい食材、手前の緑色のものが調理前のドラゴンフルーツのつぼみ。初めて食べたが、サクッとしていてくせがなくおいしい。よく知っているフルーツとしてのドラゴンフルーツが全く想像できない。こういう食べ方があるんだなあ~。

マグロのお刺身

沖縄のマグロは基本的に生のマグロ!南洋のマグロはあまり大きくないことが多く、脂はのっていないけど旨みが強い。身が細かくて繊細な食感が楽しめる。マグロの脂が生臭くて嫌だという女性に好まれる上品な味。実はとても安くてお得!しかもおいしい!

シチューマチのマース煮

メニューにはないのだけれどマース煮(沖縄風塩煮)があるか聞いてみたら、シチューマチ(アオダイ)のお頭をマース煮にしてもらえた。お刺身にシチューマチがでていたのでお刺身用にさばいた後、お頭をマース煮にしてもらえたようだ。新鮮なので臭みがなくて身ばなれも良い。つけあわせの島豆腐に魚の味がしみ込んでいてまた旨い!これが沖縄の味だ~と感激。

ナーベラーンブシー(ヘチマの味噌煮)

プルンとしていてトロンとしている。噛むとしっかりとした食感、じゅわーっとナーベラー汁が口いっぱいに広がる。大地の香りだ~。食用ヘチマにはタワシのようなスジはないので安心してください。

カウンターはこんな感じ、二人ならこちらもよさそう

まだ当分、煙に苦しめられる状況は変わらないと思うので、沖縄居酒屋で煙のことを気にせず行くことができるお店はありがたい。しかもとっても上品で丁寧な料理、珍しい食材も頂くことができた。沖縄旅行で行きたい店がまたひとつ増えた。

それにしても早く建物内全面禁煙の法律できないかね~、行きたい店はたくさんあるのに・・・

「土香る」

記★店主