自家製ソース、作っています

冷蔵庫に賞味期限切れのソースが何種類も

お土産で頂いた使いかけのソースや、数回使っただけのケチャップ、腐ってるわけじゃないから捨てるのがもったいない。そんな時には自家製ソースを作ります。以前広告デザインの仕事をしていた時に、某ソースメーカーの方からソースの賞味期限は便宜上つけているだけと教えていただきました。ソースには強い塩分やスパイスがたくさん入っているので冷蔵庫で保存していればずーっと食べることが可能だそうです。ただ、長期保存で風味が落ちてしまい購入した時とは違う味わいになっているとのこと。

オリジナルソースの作り方

ちょっとずつ残っているソースを全部ひとつの鍋に移します(ソース類は酸が強いのでホーローかステンレスの鍋を使いましょう)。ケチャップや、缶トマトの残りなどを入れることもあります。

失われた風味を補うためにローリエとシナモンを加えます。分量はお好みで。私はスパイシーなソースが好みなので、白&黒胡椒、オールスパイス、そして沖縄のヒバーチなども加えます。

そして赤ワイン。これも飲み残しでOK。分量は全部適当です。ワインの量が少ない場合は(私の場合そういうことはあまりない。なぜならワインは家に沢山あるので新しいワインを使ってしまったりして…)お水を加えてソースの濃度を薄めておきます(焦げ付き防止のため)。

ゆっくり煮詰めたら一晩寝かす

最初は中火、沸騰したら弱火にしてヘラでゆっくり混ぜながら水分が飛ぶのを待ちます。最初は水っぽかった鍋の中が、濃度を増して写真のように変化してきます。トロミがついたら味見をします。もう少し甘めがいいな、もっとスパイシーにしたいな、などお好みで調整してください。黒糖で甘みをつけるとまろやかで上品な甘さになります。

味が決まったら容器に移して一晩寝かせます。ホウルタイプのスパイスを使った場合は取り出さないで、一晩じっくりスパイスとともにおやすみなさ〜い。

翌日濃厚で美味しいオリジナルソースが出来上がっています。

一晩寝かせたものです。色が濃厚になっていますね~。ホウルスパイスを取り出して便利容器に移します。

私はナンバーワンソースの空き容器を再利用。ちょっと遊んでますが(笑) カレーやシチューの隠し味にも使えますし、揚げ物やお好み焼きにも!

ステーキソースのベースに使う

好みの火加減で焼きあげたステーキは、ホイルに包んで5分〜10分肉汁を落ち着かせます。肉を焼いたあとのフライパンにバターを加えキノコ(どんなキノコでも構いません)を炒めます。ホイルの中の肉汁、少量の水、そして自家製ソースを加えます(強めの味が好きなら多めに)。弱火にして全体をまとめ上げたらステーキにかけます。このグレイビーソースはステーキの付け合わせの野菜にもぴったりです。

注意:賞味期限切れのソースについては腐敗していないことが条件です。調理は自己責任でお願い致します。

記★料理人punkichi