バリ島に行ったらバリニーズマッサージで癒しのひととき

バリ島でマッサージを受けたいけど…

言葉は通じるの?ボラれたり、物を盗まれたりしない?何だか怖い…そんな不安をもつのは当然です。何しろ外国なんですから何があってもおかしくないうえに言っていくところがない!価格重視でいくとギョッとするような、日本人の許容を越えた様々な事態が起こることもあります。過去にあった事件をご紹介~。

麺おばちゃん事件:トゥバン地区の某サロン

マッサージを受けている私の横に突然入ってきた店主の友人らしき人が座りました。お喋りを始めたかと思うといきなり外に飛び出していき、また私の横に戻ってきました。何やら食べ物の匂いが…マッサージ中なのでタオルで目隠しされている私ですが匂いはわかります。ズルズルッ~!屋台で買ったmee bakso (肉団子入り麺)ですな。すすりながら私に話しかけます。
「日本人?色が白いから日本人ね。」ハイそうです。とだけ答えました。結局マッサージが終わるまでその人は私の横に座って店主とお喋りしっぱなし。マッサージが終わると店主の女性が、フェイシャルケアもどうかとすすめてきましたが、もちろん No thank you。二人に見送られ店を出ました~。おばちゃん、あんたは誰?

本当にマッサージできる人だったのか事件:ウブドのローカルサロン

安いから行ってと手渡されたチラシ。バリニーズマッサージ、60分3万ルピア(当時の価格では350円くらい)!これは安い~値段に負けて行ってみると高校生?くらいにしか見えない若い女性が一人。どうやら英語も話せない様子。チラシを見せると頷いて、マッサージ用の木製ベッドを指差す。
あれ?足湯しないのかな?まあ足裏はやらないんだろうと…
さて他のサロンで行うようにうつ伏せから開始したのですが…足からやってるじゃん!洗ってないよ~しかも押してるのか?撫でてるのか?全く力が入ってなーい!マッサージオイルはドバドバかけるけどマッサージそのものはたいしてやってる感じがないんです。マッサージというかさすりが終了し、オイルを拭くかとジェスチャーで聞かれたのでyesと言うと、それ絶対雑巾でしょー?!って感じのすすけた鼠色の布で拭き取り開始。ゴワゴワですよ~しかも洗ってない足から上に向かってすすむ。最後が腕でした~。そこに大人の店員さんが入ってきてHELL0~って。もしかしてこの人がマッサージする人だったのでは?
350円でゴワゴワ雑巾で体を拭かれただけでした。

かつてこのような経験をした私ですが、最近はそういうことは無く、納得がいくしかるべきサロンで施術していただいております。

安心、清潔、リーズナブルなマッサージサロン「ASANA SPA」

クタビーチから空港方面に向かうとトゥバン地区、クタの中心部のような観光客向けの施設やレストランは少なく、どちらかというと地元の方向けの小さな食堂や商店がある地域です。バリニーズ以外の他の島の出身者や、モスリムやクリスチャンが多く住んでいるのでバリ島内では新しく人が住み始めた地域ではないかと思います。
私達が滞在しているRama Beach Resort ホテルから徒歩圏内にある「ASANA SPA」。何年か前に偶然見つけたのですが、リーズナブルでありながらマッサージ技術はなかなかのもの。店内が清潔なのもでいいですね。

まず足を洗ってからスタート、はい、これが普通です(笑)。カーテンで区切られたマッサージベッドの下には鍵付のロッカーがあり荷物を入れられるようになっています。
トラディショナル・バリニーズボディマッサージが60分15万ルピア。現在のレートで日本円で1200円から1300円ほど。120分なら21万ルピアで2000円以下です。フットリフレクソロジーなら30分5万ルピアで500円以下!60分なら1000円以下です。バリ在住の日本人にも人気とのこと、どうりで簡単な日本語は理解してくれてるわけだ。ということで日本語でもコミュニケーションとれます。
ネイルケアやフェイストリートメントのコースも充実、ホットストーンマッサージなどもあります。クタ地区に滞在しているの方ならタクシーを使えばすぐ。お向かいにはスーパーマーケットがあるので施術が終わったらジュースや水など買い物もできて便利です。高級SPAが良いのは当たり前、リーズナブルな街SPAで満足できるのがいちばんお得な気がしませんか?
※スパメニュー代金は2018年6月現在のものです。

ASANA SPA

JL Kediri 93 Tuban Kuta Bali

記★料理人punkichi