「若狭パーラー」が閉店・・・

那覇の若狭にある沖縄そばの名店「若狭パーラー」が閉店していた。

店主さんはここ数年営業時間短くしたり、病院行ってていなかったりもうそろそろ店続けるのも限界なのかなぁとうすうす感じていたんだが、ついにそのときが来たということか。

初めて食べたのは2005年9月
この若狭パーラーはその昔、泊大橋の建設当時パーラー(移動販売車)として工事現場近くで営業していたそうだが工事が終わるとおい出され、怒った店主さんがじゃあ「自宅に置いて営業する!」
そして「自宅の前にパーラーを置くことにしてこの風変わりな店舗に至ったわけさー」と説明してくれた。
豚肉卵焼きそばを注文すると、「ふーちばーは食べれるかい?」とおじさんが内地からきた感バリバリの我々に聞いてくれた「はいOKです!」言うと卵焼きと赤身の豚肉、ふーちばーの入ったおそばを作ってくれた。蒸し暑~い夜、生温かい夜風に吹かれながらおそばをいただいた。

しっかりした豚のだしの効いたスープ、少し固めの麺、おじさんオリジナルのこーれーぐーすで抽出したあとと思われる唐辛子をすりつぶしたペーストを少しいれるとこーれーぐーすの香りとパンチのある辛さが食欲を刺激~。5分で完食

一週間ほどして朝食をいただきにもっぺん行ってしまった。
ところがここ、朝の日当たりが良すぎる!太陽が背中に突き刺さる!あづい。。。さすが沖縄を感じさせてくれた出来事

当時、とにかく沖縄そばが食べたくて那覇に滞在していたのでいろんなお店にいきまくることに必死になっていたわけだけど2回足を運ばせるほどおいしいおそばだった。


すばナビ デラックス (オキナワふうどライター嘉手川学の) (単行本・ムック) / 嘉手川学

そんな若狭パーラーが閉店していた。

内地でもそうだけど、最近沖縄のお店も徐々に閉店してしまっているところが増えているように思う。
残念だけど高齢化が進み世代交代しないところは仕方のないこと、そのぶん新しい店もできてくる那覇界隈はこれからも魅力的な街であり続けてくれるだろうか?ま、わたしの心配など鼻で笑われそうなほど活気に満ちた街だけどねー。
長い間お疲れ様でした、おいしい沖縄そばをありがとうーねー。

記★店主