沖縄うるま産、絶品春ヒジキ

沖縄は3月、4月が海藻シーズン、モズク、アーサ、ヒジキなどが豊富に収穫できる季節。

業者さんだけでなく、普通の人々の干潮時に浜に出て海藻を狩ります。去年、私も金武町のヒミツのビーチで天然モズクを採りをしました。長靴を履いた足元は海の中で心地よく、キラキラ輝く美しい海の中からモズクの先端だけを摘んでいきます。
↓これがその時の写真

この季節の海藻類は柔らかく香りが良いので、アーサ(あおさ)やヒジキも自分達で摘みに海に出るのだそうです。1年分を収穫して冷凍庫に保存するという人もいました。確かに海藻は冷凍に強いので1年くらいなんてことはない。

うるま市で採れた茹でヒジキ、薄茶色で神奈川で採れたものより柔らかい。水温が高いせいでしょうかヒジキ独特のムッチリ感はあまりなく、シャキシャキした軽い歯応えです。サラダや和え物に最適。蒸し茄子のマリネと一緒に和えてみました。

沖縄料理らしくするならミミガーと一緒にピーナッツ風味のソースで和えるのもいいかも。

この時期沖縄に旅される方はスーパーや海産物のある道の駅などで見かけたら買ってみてください。